外国籍の人が相続する時には注意が必要です

親や配偶者などが亡くなると、故人の遺した資産を「遺産」として相続することになります。
遺産なんてないから…と安心していると大変ですよ。
家や土地なども資産になりますので、持家の方や土地がある方も関係ない話ではありません。

そして、もし配偶者が外国籍のある外国人で合ったり、日本人でも外国人と結婚した方。
このような方は、相続時に日本の法律が適用されるのか?
悩む方も多いと思います。
日本ならば相続時には、決められた相続税が発生し支払う必要があります。

ちなみに結論のみ言えば、外国籍の方が相続する場合でも、日本に居住していれば日本の相続に関する法律が適用されることになります。
そのため、早めに手続きをして決められた税金を支払うことになります。

しかし、他にも海外に資産がある・今は海外に住んでいる。
この場合もありますので、相続に関する悩みがあれば早めに専門の法律事務所に相談することをおすすめします。
こちらのサイトから法律事務所の情報を見ることができます。
国際相続.comには、外国籍の方や国際結婚をされた方の相続に関する事例も掲載されています。
もちろん無料相談もできますので、事務所選びに困った時やただ相談だけしたい、そのような方にもおすすめです。

相続税は日本では故人の死亡から10ヶ月以内と期限がありますので、相談だけでも早めにして必要書類の用意や手続きをしなくてはいけません。
サイトからも問い合わせ可能ですので、できるだけ早く相談することをおすすめします。

This entry was posted in 法律関係. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>